もちがせ週末住人の家

もちがせ週末住人の家は、用瀬に最初に造られたといわれている小道の先にある30年ほど空き家だった民家です。空き家だった期間も持ち主の方が丁寧に管理をされていたため大きな傷みはなく、そのままのつくりを生かして、暮らしやすいように少しだけ手を加えています。男性に優先的にご宿泊いただいています。